タイ嫁タイ飯

タイには我々外国人がたどり着けない美味しいタイ料理やローカルグルメ情報がたくさん眠っています。そんな隠れた情報をタイ嫁と一緒に厳選、シェアしていきます!

【タイの野菜】タイのおすすめ食材サトー豆 、タイ旅行に来たら一度は食べてみよう!

サトー豆とは

皆さん、サトー豆を使った料理はもう食べられましたか。独特の香り、旨み、コリコリした食感がクセになりますよね。

今日は「見たことあるけど良く分からないし食べようと思わない」、「バンコクでそんなの見たことないよ」という方のためにサトー豆の美味しさや食べられる場所をシェアしたいと思います。

日本では食べられないこの味、皆さんがタイにいる間にぜひ一度試して頂きたいと思っています。

f:id:shogun8:20181106223321j:plain

 

どんな味?おいしいの?

冒頭でも述べたように独特の香りがあり、好き嫌いがはっきり分かれる食材かもしれません。食べてみるとコリコリッとした食感と共にに硫黄を思い出させる香りが鼻を抜けます。

味はちょっとした酸味を感じた後に、噛むほどに旨みを感じるかと思います。新鮮なサトー豆は歯応えもよく香りも味はさっぱりしていてとてもおいしかったですよ。

よくエビ・豚とプリックゲーン(香辛料の赤いペースト)やカピ(エビペースト)と合わせて料理されておりパンチのある味のものが多いですね。白ご飯との相性は抜群です!

サトー豆を使った料理

サトー豆は南部で収穫されるようで「南部料理」によく使われていますね。代表的なものだと「クン・パッド・サトー(エビ・炒め・サトー豆)」という南部のプリックゲーン(赤いペースト)を使用した辛い炒めものが挙げられるのではないでしょうか。

 我が家では「クン・パッド・サトー」、「ムゥー・グラドゥーク・パッド・サトー(豚・骨・炒め・サトー豆)」にして奥さんが食べさせてくれます。

f:id:shogun8:20181106223357j:plainf:id:shogun8:20181106223420j:plain

 

どこで食べられるの?

ただタイ南部料理ということもあって、バンコクだとサトー豆を使った料理になかなか出会わないんですね。私自身バンコクに住み始めてから2年後にようやくサトー豆を知ったくらいです。

ということで我々日本人が行きやすいエリアで見つけた南部料理レストランをググってみました。どうやらトンローに何件かタイ南部料理レストランがあるようですね。

bangkoklife.hatenablog.com

出典:タイ・バンコク移住ダイアリー |タイ移住者が綴る生活情報

私自身はこれらのお店に行った事はないのですが同店のクン・パッド・サトーの写真も見られましたので間違いなくサトー豆が食べられるはずです。

サトー豆がどうしても食べてみたい方はお近くのタイ南部料理レストランを検索してみてくださいね。

 

家でも食べたい!という方は

このサトー豆、実はマックスバリューで売っているんです。今11月ですが普通に野菜コーナーに売っていました。60gで79バーツ、、、普通の野菜に比べるとちょっと高めですがたまーに夕食に登場させるぐらいであれば大丈夫なはずです。

f:id:shogun8:20181106214918j:plain

ちなみにこの11月に市場(タラ―ト)にも探しに行きましたがそこでは見つけられませんでした。シーズンである4月~5月ごろに市場に行けば新鮮なものが買えるかもしれませんね。

もしも市場での購入を考えていらっしゃられば下記のようなサヤに入った姿のサトー豆を購入することになるはずです。サヤを切り豆を中から出して、更に甘皮を剥いてようやく食べられる姿になりますがこちらのが新鮮でおいしいはずです。

 

f:id:shogun8:20181106181448j:plain

出典:Wikipedia

 

サトー豆を使ったレシピ例

ご家庭でサトー豆を使った料理を作るのであれば定番の「クン・パッド・サトー」にチャレンジしてみては如何でしょうか。

ご参考までに我が家の簡単レシピをご紹介いたします。

材料

  1. 油(ナムマン)
  2. 香辛料のペースト(プリックゲーン・クワ・キン・タァイ)
  3. 豚ひき肉(ムゥーサップ)
  4. エビ(クン)
  5. コブミカンの葉(バイ・マックルゥ)
  6. 魚醤(ナムプラー)
  7. 砂糖(ナムタァン)
  8. サトー豆 (サトー)

 作り方

  1. まずは香辛料のペーストを油で炒めておく
  2. そこに豚のひき肉を入れ炒める
  3. さらにエビを入れ炒める
  4. 豚、エビに炒めながらコブミカンの葉を入れる
  5. 少し水を入れ、魚醤と砂糖で味の調整をする
  6. 最後にサトー豆を入れる(サトー豆はさっと火を通すだけで良い)

 

まとめ

ということで皆さんサトー豆にご興味をお持ち頂けましたでしょうか。

東南アジアでしか食べられない食材で、とってもおいしいけれど機会がなければ知ることが無ければ一度も口にすることなく帰国してしまうくらいなかなか日の目を浴びない食材だと感じています。

バンコクでも以外と手に入りやすいはずですので、サトー豆を使いこなせれば夕食のレパートリーも増えるはずです。

個人的には味噌ベースの豚と玉ねぎの炒め物にサトー豆を入れてみたら案外おいしいんじゃないかと思っていて、いつかチャレンジしてみようと思っています。

翌日かなり臭いますので連日食べられないようにお気をつけて。

では。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村