タイ嫁タイ飯

タイには我々外国人がたどり着けない美味しいタイ料理やローカルグルメ情報がたくさん眠っています。そんな隠れた情報をタイ嫁と一緒に厳選、シェアしていきます!

【タイ料理 炒め麺】ゲートウェイエカマイのおすすめタイ料理「クルアアプソーンエカマイのセンミーパットシーイウ」

センミーパットシーイウとは

「センミー・パット・シーイウ=(極細米麺・炒める・醤油)」、ソースで味付された日本の焼きそばのような見た目の麺メニューですね。「センヤイ・パット・シーイウ=(太麺・炒める・醤油)」はご存知の方が多いかと思いますが、その極細麺バージョンとなります。

甘みと独特の風味がある「シーイウ•ダム=(黒醤油)」というタイ醤油を使った炒め麺でコクがあって美味しいですよね。

という事で今回はエカマイゲートウェイの「クルアアプソーン (ครัวอัปสรเอกมัย)」で食べられるおすすめのセンミ―パッドシーイウをご紹介致します!

 

そんなにおいしいの?

このお店のセンミ―パッドシイウはコクのある味付け、しっとりした麺とお肉、それとどこか香ばしくて美味しいんです。

早速見た目からいってみましょう。

f:id:shogun8:20181118011512j:plain

肉厚の豚がたくさん入っているんですね。しっとり柔らかくてうまく調理されているなといつも感心します。それとこの香ばしさはどこから来るんだろうといっつも気になっています。

f:id:shogun8:20181118133324j:plain

そして私のおすすめの食べ方はズバリ「青トウガラシのピクルスと赤トウガラシをかける」です。青トウガラシのピクルスは辛味が無く辛いのが苦手な方でも大丈夫ですし、アクセントになって食が進みますよ。赤トウガラシは見た目の通り辛いのでお好みでかけましょう。

タイの方は大体「砂糖+ナンプラー+青唐辛子のピクルス+赤トウガラシ」をかけて食べるようですが、私はそのままでも十分美味しいと感じます。まずは一口食べてみましょう。

 

どこで食べられるの?

このセンミ―パットシーイウはゲートウェイエカマイの1階にある「クルアアプソーンエカマイ(ครัวอัปสรเอกมัย)」で食べられます。マックスバリューと同じフロアにあります。

クルアアプソーン?王族の元専属シェフがやってるお店?って思った方、そちらのクルアアプソーンではないんです。どういう関係性かは正直分かりませんが今回ご紹介するクルアアプソーンは麺料理の評価が高いお店ですね。

「クルアアプソーンエカマイ」ですが現在2店舗あるのを確認しています。

  • Gateway Ekkamai(ゲートウェイエカマイ)  1階 ※ハンバーガー屋さんの隣です。
  • K-village(Kビレッジ)2階   ※ヴィラマーケット側のエスカレーターを上がって右手です。

バンコクにお住まいの皆さんにとっては行きなれた場所かと思います。

※Googleマップにはครัวอัปสรเอกมัยとタイ語で入力しても正しい場所が出てこなかったのでそれぞれのショッピングセンターの地図を載せておきます。

Gateway Ekkamai(ゲートウェイエカマイ)の地図

 

K-village(Kビレッジ)の地図

 

今回はゲートウェイエカマイ店にいきましたがこんな感じのお店が見えたら正解です。

f:id:shogun8:20181118141052j:plain

 

メニュー、値段、注文方法

メニュー、値段

麺料理の評価が高いお店ですが野菜の炒め物から魚料理まで結構幅広くメニューがあります。今回は私がいままで食べたことのあるメニューのまずは食べるべきおすすめをご紹介致します。

  • センミ―・パット・シーイウ・ムー(極細米麺のタイ醤油炒め 豚入り)70バーツ
  • センヤイ・パット・シーイウ・ムー(平米麺のタイ醤油炒め 豚入り)70バーツ
  • センヤイ・ラート・ナー・ムー(平米麺の餡かけ 豚入り)確か80バーツ

他タイカレーとカノムチーン(米のそうめんのようなもの)のセット、チャーハンなども美味しいのですが、やはり上記3つの麺料理をまずはおすすめしたいです。

 

注文方法

という事で今回も麺料理の注文パターンを次の通り覚えていきましょう。

クイティアオも含め麺料理はどれも同じような構成なので覚えておくと応用が効いて便利です。基本的な構成はどの麺メニューも麺の種類・調理法・具で行けるはずです。

今回の例ですと

  • センミ―・パット・シーイウ・ムー=(極細米麺・炒める・醤油・豚)

ですね。パット・シーイウは「醤油炒め」と覚えてしまうと良いと思います。

 

平麺が好き!という方は

  • センヤイ・パット・シーイウ・ムー=(平米麺・炒める・醤油・豚)

という感じに麺の種類を変えるだけです。

 

餡かけ麺も同じですね。

  • センヤイ・ラート・ナー・ムー=(平米麺・かける・表面・豚)

ラート・ナーを「(餡を)上にかける」とセットで覚えれば大丈夫ですね。

 

ちなみにスープ有りのクイティアオも全く同じです。

  • センレック・ナーム・ムーデーン=(中米麺・汁・赤豚)

「麺の種類・スープ入り・具の種類」になっていますね。

 

パターンを覚えてしまえば注文の幅が拡がりますね。色々なところで使って慣れていきましょう!

 

まとめ

という事で今回は近場で手軽に食べられる「クルアアプソーンエカマイ(ครัวอัปสรเอกมัย)」のセンミ―パットシーイウはいかがだったでしょうか。王族の元シェフがされている方のクルアアプソーンではありませんがこちらの麺料理も美味しいので是非お試しください。

日本にはない独特の味付けですが、我々日本人にも馴染みやすい料理だと思います。カオマンガイやガパオに飽きたなーという方は是非!

では。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村

 _______________________________________

タイ人の奥さんがいるという強みを活かして、これからもタイのおいしいローカル料理を少しづつ皆さんにシェアしていきます。