タイ嫁タイ飯

タイには我々外国人がたどり着けない美味しいタイ料理やローカルグルメ情報がたくさん眠っています。そんな隠れた情報をタイ嫁と一緒に厳選、シェアしていきます!

【タイ料理 肉】タイの屋台好き必見!「チャルンクルン通りの屋台炭火焼き鳥」がおすすめ

タイに滞在されている方にとっても、タイ旅行に来られたことにとっても「屋台メシ」って心が躍るものですよね。タイの場合それほど大ハズレもありませんがそれでも期待と不安が入り混じるのが「屋台メシ」だと思います。

という事で今回はアジアティークから歩きで7分、チャルンクルン通りで見つけたおすすめの「屋台の炭火焼鳥」をご紹介します。以前ご紹介した【タイ料理 スープ麺】タイ旅行の土産話になる1品「チャルンクルン通り アヒルの腸入り麺クイティアオペット」から50mの距離ですのでまとめて食べてしまいましょう。

我々がなかなか行かないエリアなのでタイ上級者向けかも知れませんが、美味しくて安い、コスパが高い一品なので是非お試し頂ければと思います。

 

チャルンクルン通りの屋台炭火焼き鳥

さて今回おすすめする屋台の焼き鳥がどんなものか、まずは見た目から行ってみましょう。

f:id:shogun8:20190111190239p:plain

f:id:shogun8:20190111190316p:plain

日本の焼き鳥と全く同じですね。炭火焼の本格的な焼き鳥です。

メインは鶏レバー、心臓、砂肝ですがどれも1本10バーツ、、、1本34円です!

内臓系の焼き鳥しかありませんがこのクオリティーで1本34バーツは相当コスパが高いです。

 

そんなにおいしいの?

ホントに香ばしくて、味付けもほど良く美味しいです。レバーも臭みは一切無くしっとり、心臓と砂肝は適度に固いのですがジューシーでホントに10バーツで売って大丈夫?と疑うほどです。

普通の道端の屋台がスクンビットの焼き鳥屋の味を再現している、と言っても過言ではありません。

ホント小さな屋台ですが1日に焼き鳥15㎏売るというのですからしっかりリピーターがついている証拠だと思います。

※焼きたてのを食べるのがおすすめです。家まで持って帰って食べたこともありますが、冷めてしまうとはやり固くなるので「感動」が半減してしまいます。居酒屋で食べる焼き鳥も焼きたてだからこそ美味しいと思いますし。

f:id:shogun8:20190111193044p:plain

 

どこで買えるの?

今回の屋台までの道のりは少し苦労するかもしれませんがアジアティークから徒歩7分ほどですので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

もちろん屋台の地図はありませんので、屋台の前の7-11の地図をここに張り付けておきますね。 

お店までの具体的な行き方を2通り挙げておきますね。

行き方1

  1. BTSサパンタクシンで降りる。
  2. タクシーを拾い「ソイ チャルンクルン76/2(チェッシップ・ホック・タップ・ソーン)」まで行く。(渋滞が無ければ10分弱、渋滞すれば20分ほど掛かるかも知れません)
  3. ソイ チャルンクルン76/2の向かい側に目当ての「7-11」がありますので道路を横断すれば到着です。

行き方2

  1. BTSサパンタクシンで降りる。
  2. タクシーを拾い「アジアティーク」まで行く。(渋滞が無ければ7分弱、渋滞すれば17分ほど掛かるかも知れません)
  3. アジアティークからソイチャルンクルン76/2まで歩いていく。約6~8分ほど。
  4. ソイ チャルンクルン76/2の向かい側に目当ての「7-11」がありますので道路を横断すれば到着です。

目当ての7-11に到着したらこのおばちゃんがいる小さな屋台を探してください。

f:id:shogun8:20190111192800p:plain

f:id:shogun8:20190111192825p:plain

 

メニュー・価格・注文方法

メニュー・価格

  • レバー・心臓・砂肝 1本10バーツ
  • もち米 1袋5バーツ
  • アジの丸焼き たしか25バーツほど
  • たまに豚バラも売っています

豚バラはまだ試していませんがアジの丸焼きは「普通かな」という感じでした。

やはりおすすめは焼き鳥です。

 

注文方法

おばちゃんが一人で運営する屋台、当然英語は通じません。欲しいものに合わせて下記のタイ語を使って注文しましょう。

  • レバー = タップ
  • 心臓=フアチャイ
  • 砂肝=クン
  • 1本=ヌン・マーイ
  • 2本=ソーン・マーイ
  • もち米=カオニアオ

レバーが2本欲しいは「アオ・タップ・ソーン・マーイ・クラップ=レバーを2本ください」でOKです!

とはいえ焼いてるのがあるので指をさして「アオ・アンニー・ソーン=これ2つください」と言っても大丈夫でしょう。

 

営業時間

休日:毎週月曜日

開店時間:17:00頃~20:00頃まで (19時台で品切れの時もありますのでお早目に)

 

まとめ

ということで今回はチャルンクルン通りのおすすめ屋台炭火焼き鳥をご紹介させて頂きました。タイの屋台好きの方、アジアティークまで行かれた方にはぜひ試してほしいお店です。 

この屋台の付近には美味しい屋台が密集していますので一度アジアティークの帰りに足を運んでみてはいかがでしょうか。

では。

 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村